和食と鉄板焼まある和食と鉄板焼まあるANNEX

2007年8月31日

明日から 9月ですね

   
  
月末の金曜日に発行される フリーペーパー
 ◇ ホットペッパー ◇  
「 まある 」の今月の写真 は、 “ からすみ ” です!
まあるの定番メニューには、いつもはいっています。
ねっとりとした “ からすみ ”には、薄切りした大根の
サクサクが、とてもいい感じですよ!
  
  
  
   
   
   
よく、魚卵系と白ワインは、生臭みを感じるので 相性が悪い・・・・
とか、言われています・・・・・・ が
  
  
  
   
   
   
・・・・ ぜんぜん問題無し!!   OK

 

   
   
   
あくまで、一般的に言われているだけの事です。
お酒と料理の相性って、人に言われるものではなく
“ 自分の味覚 ” が決めることです。
      
  
   
   
   
    
「お酒と料理」で、相性が悪いと言われている 組み合わせは
いろいろありますが、まずはご自分で いろいろ
チャレンジしてみて下さい!
  
  
  
  
   
   
固定観念にとらわれず、「飲みたいお酒」と
「食べたい料理」を、自分流に愉しむのが一番なんです!
    
   
   
    
   
    
 
しかし、さすがに日本酒との相性は抜群にいいんですよ!
お酒がすすみます。
  
    
    
    
   
   
831.jpg    
   
長崎産 本からすみ  1300円
   
    
    
   
   
   

 
Filed under: その他素材 — maaru @ 5:16 PM  明日から 9月ですね はコメントを受け付けていません。

2007年8月30日

ムダな 雑学

   
   
乾杯!!
   
    
   
   
   
   
特に何かあるわけではなくても、
最初の一杯には、決まって乾杯しちゃいますよね。
  
  
  
   
   
   
乾杯には、いろんな由来があるようですが
有名なところを2説・・・
  
  
   
   
  
    
   
その? 中世のヨーロッパ 
     権力と勢力争いが激しかった頃、
     相手のグラスに “毒” を入れて暗殺することが
     流行(?)していました。
     敵意のない者同士が、酒を飲み交わすとき、
     おもいきり グラスを ぶつけて、しぶきを飛ばし合い、
     相手の飲み物と混ざり合わせて
     同時に一口 ・・・・・・・
     「 相手に 敵意がないことを 確かめ合う儀式 」
  
  
その? 日本にも 古くから “ お酒 ”というものは存在していました。
     ( おかゆのようにドロドロしたものらしく、現代の “お酒 ”
     とは、全く別モノですが・・・ )
     酒に酔って人格が変わり、トラブル絶えなかった頃、
     いつしか 「 酒には 魔物が潜んでいる 」 と言われるように
     なりました。  互いの酒器を こすり合わせる “ 音 ” で
     酒に潜む “ 魔物 ” を追い払う・・・・・・
     「 魔物を追い払う儀式 」
  
  
  
  
  
    
  
ご心配なく!!!
「 まある 」 は、“ 毒入り ”の お酒を提供しておりませんので
グラスは、思いっきりぶつけ合わないでくださいね(笑)
  
  
    
    
    
   
8302.jpg    
   
山ねこ ( 宮崎産 芋焼酎 ) 550円
    
   
  

 
Filed under: 地酒・焼酎 — maaru @ 5:11 PM  ムダな 雑学 はコメントを受け付けていません。

落ち鮎

  
   
「 川魚の女王  あゆ 」
  
  
    
   
   
   
メニューに登場するのは、
春先から晩秋までの期間だけ。
  
  
   
    
    
   
春頃の幼少な鮎は、大人の小指くらいの大きさで
「 稚鮎(ちあゆ) 」 と呼ばれ、主に “から揚げ”
などにします。
  
  
   
    
   
   
夏になるにつれ、体が大きくなり、
皆様おなじみの 「 鮎の塩焼き 」 に。
  
  
    
    
    
   
川魚の“あゆ”は、主に、藻(も)とかコケを食します。
海の魚みたいに、魚を丸ごと飲み込んだり
川の中にいる虫などは絶対に食べないので、
塩焼きするときは、内臓がはいったまま焼きます。
  
  
   
    
   
   
焼くと、独特の上品な いい香りがするのが
「女王 」と呼ばれる由来でしょうかね。
しっとりした、柔らかな身です。
骨は、油でカリカリに揚げて “ 骨せんべい” に。
  
  
  
    
   
   
北海道には、あまり馴染みがない魚ですが、
京料理には 欠かせない 季節素材として
重宝されていますよ!  
   
   
  
    
   
   
わずか一年で、生涯を終える “あゆ”
メスの鮎が子を持ち、おなかがパンパンになる“ 落ち鮎 ”
を見れば、「 もう秋が来たなぁ 」って思ったりします・・・・・
  
  
   
  
  
  
10月生まれのせいか、自分が一番好きな季節といえば
「秋」なんです! 
ちょっと肌寒くなった頃がね・・・・
おいしいもの いっぱいある季節ですから(笑)
   
    
    
    
     
    
830.jpg  
   
紀州の子持ち あゆ ( 酒蒸し・塩焼き・から揚げ )  1200円
    
    
    
    
   
   

 
Filed under: 秋の素材 — maaru @ 1:11 AM  落ち鮎 はコメントを受け付けていません。

2007年8月28日

インフィニ桂和22

   
  
“すすきの” には 「 桂和ビル 」 が いっぱいあります。
そのひとつ 「 インフィニ桂和22 」の2階に、
“まある”が あります。
  
  
   
   
  
   
みなさん よくご存知でしょうが、
全部の桂和ビルの玄関口には、
雌雄一対の獅子像が置かれていますね。
   
  
   
   
   
  
百獣の王である獅子は、中国古代より
あらゆる邪気が内部に侵入するのを防いでくれ、
金銭や健康を守る・・・・
とされているそうです。 
  
  
  
  
 
   
向かって右側にいる獅子の 手の下には
ボールのような、まあるいモノがありまして
個人的に、ちょっと気になってます。
「 なんかご利益ありそう?」と思い込み
まいにち、ぺたぺた触っています。
  
  
  
  
   
   
( 勝手に書いちゃいましたが、不都合があればご一報くださいませ )
   
  
   
828.jpg   
   
価格はわかりませんが、かなり お高い・・・ハズです
    
    
     
    
    
    

 
Filed under: 料理長の日記 — maaru @ 5:26 PM  インフィニ桂和22 はコメントを受け付けていません。

2007年8月26日

2回目の登場

   
   
日高町の お父さんと お母さん! 見てますか?
毎日、一生懸命がんばってますよ!!
  
   
  
  
   
   
ブログをご覧の皆様?
まあるの看板娘 「 かんの ゆき」 に
メッセージを お願いします!
   
  
  
    
   
   
下の “ コメント ” 部分を クリックして下さいね ☆
  
  
  
   
   
   
両手で持ってるのは、年に一回の限定発売の 「 田酒 」
毎年、忘年会シーズンの頃に 出荷されます。
  
    
    
    
    
   
826.jpg   
   
田酒   純米大吟醸 (青森 ) 1200円
    
    
    
    
   
      

 
Filed under: スタッフ — maaru @ 4:33 PM  2回目の登場 はコメントを受け付けていません。

2007年8月25日

海水うに

   
   
毎年 9月になると、市場から 「うに」 が消えます。
夏場の最盛期を終えて 禁漁期間にはいりますので、
「おいしい生うに」 が食べられるのは 8月31日の
出荷分で 終わっちゃいますよ! 
  
  
   
   
   
  
その後 しばらくの間は、輸入モノ (北方四島産など・・) とか
どこから出まわるか わからないもの (密漁系・・) などなど、
超品薄 & 値段も ちょっと お高くなりそうですので、
「まある」の メニューから “ うに ”は、なくなります!
    
  
  
   
   
   
魚卵系のモノって、大好きな人多いですよね。
うに ・ いくら ・ かずのこ ・ とびっこ ・ たらこ(明太子)・
からすみ ・ かにの内子なんかも タマゴ系です。
  
  
  
  
  
   
ごはん好きの私としては、やっぱり 「うに」 といえば
“うに丼” を食べたい!
  
  
   
   
   
   
とろろ昆布を お皿にのっけたまま、しばらく放置しておくと
乾燥してかたくなります。それを、手でもんで 粉にします。
その“とろろ昆布”を ご飯の上に、“ふりかけ” みたいに
ぱらぱらっと して、“うに”をたっぷり乗せて、ちょこっと正油。
つるつるした食感になって さらにおいしくいただけます!
  
  
  
   
   
   
825.jpg   
   
海水うに ( 古平産 ) 1600円    海苔で巻いた“天麩羅”もGOOD!!
   
   
    
   
   
  

 
Filed under: 夏の素材,魚貝 — maaru @ 5:30 PM  海水うに はコメントを受け付けていません。

2007年8月24日

みのりの秋

  
   
“ 秋なす ” は、嫁に食わすな
っていうくらい、秋には“茄子”が おいしくなるんです。
でも、なんで嫁に食わせないの?
    
    
    
   
   
   
その?  茄子は体を冷やす食べ物なので、嫁の体を気遣って・・・
その?  あんまり おいしいから、嫁に食わすのは もったいない
  
  
    
    
    
   
「嫁をいたわる」 または 「嫁をいじめる」
相対する 二つの由来 を、適当に使い分けてたみたいですね(笑)
  
  
    
   
   
   
秋が旬の素材って、いっぱいあります。
収穫の秋・実りの秋!!
  
    
  
   
  
 
   ・・・・・・
   
  
  
  
   
   
鮮度のいい “秋のさば” は、三枚おろしにして、たっぷり塩をまぶし
20分放置します。塩を洗い流して、ひたひたの米酢で10分浸し
出来上がり!!  生っぽい “さば” は 旨い
  
    
    
    
    
   
824.jpg   
   
福岡産 釣りさば うす〆 950円 
    
   
    
   
   
        

 
Filed under: 秋の素材 — maaru @ 5:30 PM  みのりの秋 はコメントを受け付けていません。

2007年8月23日

徒歩 1分

   
   
仕事帰りにときどき おじゃまする
「まある」 の近所の BAR
そこには、友人の 「今城(いまじょう)君」が います。
すごく雰囲気のいい店で、カウンターで ひとり
ちょい飲みOKです。
カラオケのできる パーティールームもあるので
結婚式の2次会なんかにもGOOD!です。
     
  
   
     
    
    
 ◇ BAR NOIR ( バー ノワール ) ◇
   
   
 札幌市中央区南4条西5丁目  都志松ビル 3階
          TEL 011-251-7799 
          営業時間 / PM 7:00 ? AM 6:00
  
  
◎ 屋上に観覧車のある 「ノルベサ」の すぐ隣です  
   
  
  
  
   
   
   
いつも陽気な 今城君が、楽しくお相手してくれますよ!
    
    
   
     
   
  
823.jpg    
   
“BAR NOIR”の パーティープラン  2500円より
     
     
    
     
    
   

 
Filed under: 仲間 — maaru @ 5:43 PM  徒歩 1分 はコメントを受け付けていません。

2007年8月22日

8月22日(水)

    
   
「焼き肉」 と 「バーベキュー」 の違いは ご存知ですか。
  
  
   
焼き肉     ・・・・ アミや鉄板の上で 肉を焼く
バーベキュー ・・・・ 肉や魚貝などを串で刺して 直火で炙り焼く    
   
  
  
要するに、直火なのか、そうでないのかの違い  らしいです。
( 実は 某ラジオで番組で 言ってた パクリです ・・・ )
   
  
    
    
    
    
高校野球も今日で終わり、だいたいの 主な “夏” のイベントが
終わりましたが、この心地良い空を眺めていると
まだまだ、外で焼き肉(バーベキュー?)パーティー
できる陽気は つづきそうですね!
   
    
    
    
    
   
とりあえず、こんなの食べて、力つけときますか?
   
    
   
   
    
   
822.jpg    
     
上質なオリーブオイルで焼く 青森産 にんにく   850円
    
    
    
    
    
   

 
Filed under: やさい — maaru @ 5:16 PM  8月22日(水) はコメントを受け付けていません。

2007年8月21日

新いくら

   
  
鮭のシーズンになりました。
  
 
   
   
   
   
6月頃は “時しらず” とか “大助” とか、
ハラスのところを 塩焼きすると 旨いんですけど
単品MENUでは、ぜんぜん人気が無いんですよ。
コース料理の一品に入れても、あんまり喜ばれないですし。
(なぜか、 おにぎりの具は「塩鮭」 人気ありますけど・・・)
  
  
   
   
   
   
これからは “秋鮭” の時期ですが、
料理で使えるのは 「いくら」 くらいですかね。
  
 
   
   
   
   
幻の鮭 と言われる “鮭児(けいじ)” は、
めちゃめちゃ値段が高くて ちょっと手が出ません(涙)
もっぱら贈答用に、なっているようですよ。
「夕張めろん」 みたいな ブランド化していて
商品と価格のバランスが、適正では無い気がしますが・・・
  
 
   
   
   
   
余談ですが、去年あたりは 「北海道の鮭」 は、
かなりの量が 中国に輸出されていたようで
品薄でしたね。  北海道の人たちが消費している鮭は
輸入物が多くを占めていたようです。
おかしな話ですね!
   
   
    
   
   
  
初物なので、とりあえず ご飯に “ぶっかけ” ます!
山芋が大好きなので、いくらの下は “とろろご飯”です。
   
   
    
   
   
   
821.jpg   
   
ミニ いくらごはん  850円
    
    
   
   
   
           

 
Filed under: 秋の素材 — maaru @ 4:00 PM  新いくら はコメントを受け付けていません。