和食と鉄板焼まある和食と鉄板焼まあるANNEX

2009年10月2日

シーズン到来



私たち 料理人の世界には、
今なお 「 徒弟制度 」 のようなタテ社会が存在します。
たぶん、美容師さんとか大工さんとか、
” 職人 ” と呼ばれる仕事は、みんな同じかな?
   
  
  
  
  
  
見習いのころは、そりゃ待遇悪いですよ(笑)
給料は安い! 時間は長い! 休みは少ない! 
  
   
  
  
  
 
いくらコキ使われたって、先輩に怒られたって、
全部 「 勉強・・・勉強・・・ 」 って思って、
毎日ひたすら働くわけです。
いつの日か 独立することを目標にしたり、
組織の長 (店長・料理長)を目指して
経験を積んでいるわけですから。
   
  
  
  
  
  
毎月の生活費を稼ぐためだけの、
ただの仕事だったら、こんな職人の世界は、
絶対に長続きしません。
目標があるからこそ 我慢できるんです。
人の上に立てるようになり、
給料をたくさんもらえる職人になるには、
ずいぶんと長い下積みが 必要なのです。
   
  
  
  
  
  
社会人になり、料理人を志して就職しても、
すぐ辞めてしまったり、逃げ出す人が多いのも、
職人の世界ならでは ですかね。
   
   
  
  
  
  
でもね、いつしか 「 料理長 」 になったり、
独立して 「 経営者 」 になった時には、
そこがゴールではなかった事に気づくものです。
自分よりも もっと大きな人が たくさんいて、
仕事できる人や、有名な人が・・・・  って。
   
   
   
  
  
  
「 料理の味 」 は、時代とともに変わります。
昔ながらの ” シゴト ” を守るのも大切ですが、
世代の流れに沿って、微妙に味付けを変えて行く
柔軟さもかなり大事なので、
歳とっても アタマは固くなっちゃいけません(笑)
   
  
  
  
  
  
だから、引退するまでず?っと、
「 勉強・・・勉強・・・ 」 って言うんですよ。
” 終わりがない ” のが、職人の世界。
なんだかよくわかんないけど、
こういう仕事っていいなあ・・・・
と、いつも思ってます。
  
   
  
  
  
  
  
がらりと話題を変えまして、
今月を命名してみました。
「 今年いちはやく河豚を食べよう月間!! 」 笑
毎日 入荷してます☆
  
  
  
  
  
 



img_0026.jpg

てっさ (河豚のお刺身)     2200円
   
  
  
   
  
  

 
Filed under: まある,料理長の日記 — maaru @ 11:29 PM  シーズン到来 はコメントを受け付けていません。