和食と鉄板焼まある和食と鉄板焼まあるANNEX

2009年10月15日

ある日の ランチ




蕎麦(そば)は ” たぐる ” もの。
寿司(すし)は ” つまむ ” もの。
   
  
これが 江戸っ子の 「粋」 です。
   
  
  
  
 
  
  
  
先日、美味しいそばが食べたくて、
蕎麦と有機野菜 ひなた 」 さんに おじゃましました。
  
  
  
  


  
(画像をクリックしてみてください)  
012.jpg


  
  
  
  
私も、江戸っ子のように、
蕎麦の先っぽを ちょいちょいと つゆを付けて、
” 粋 ” に たぐろうかと思いましたが・・・・・
「 鴨せいろ 」 の つゆが、あまりにも美味しくて、
どっぷり(じゃぶじゃぶ)付けてしまいました?(笑)
なにせ 生粋の道産子(どさんこ)ですからね☆
  
  
  
  
  

007.jpg    
  
  
  
  
  
とろとろの親子丼も、絶妙に旨し!  
( 写真キレイじゃなくて スミマセン )涙 
  
  
  
  
  
  
013.jpg  


 


最後の そば湯を投入して、つゆも完飲。
薬味の 「 ゆずこしょう 」 が いい味出してます!
細くてつるっとした、私好みの手打ちの蕎麦、
お昼に贅沢させていただきました?
 
 
     
  
  
  
  
  
  
さて本日の 「 まある 」
国産のマツタケが終わる頃に 毎年登場する、
カナダ産の、天然のキノコが入荷です!
   
  
  
  
  
  
” 松茸のニセモノ ” 扱いにされがちですが、
これはコレ ・ それはソレ で、別のキノコって考えてくださいね。
しっかりと固い、ぱんぱんの身質を表現するならば、
ご家庭でもお馴染みの 「 エリンギ 」 っぽいかな?
( 格を下げるようなたとえですが・・・・ )
   
  
  
  
  
  
国内産の松茸には及びませんけど、
味と香りは そこらへんの安キノコとは別格ですよ!
” 天然モノ ” ですからね・・・・
    
  
  
  
  
  
  
  
img_8245.jpg

白まつたけ料理   1300円より
  
  
 
  
  
  

 
Filed under: 料理長の日記,秋の素材 — maaru @ 11:36 PM  ある日の ランチ はコメントを受け付けていません。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.